2017年4月5日

野菜の選び方

野菜の選び方

葉物は、「緑が濃いものを選ぶように」。
本当のことでしょうか?

化学肥料を使うと葉の色が変わります。濃い緑色になります。
知っているとスーパーでの葉物の目利きができる様になります。
淡い緑色のもの、自然な色を選びましょう。

葉色の濃いほうが葉緑素が多くて美味しそう!栄養価も高いと思う方が多いです。
濃い緑色の野菜は茹でると色落ちと言って野菜の色が出てきます。
すると、茹で汁の中が緑色になります。
ほうれん草を茹でた時などに経験したことはありませんか?
その理由は、美味しそうと思った緑が葉緑素ではないから。
葉緑素の色というのは、本来は濃い緑色をしているわけではなく、
葉緑素以外のいろんな色素が混ざって、濃い緑色になっているわけです。
自然の緑色をした葉物野菜はとても味があって美味しいですよ。

葉っぱの形も見ましょう。
栄養価が高く、美味しい野菜は対称性があり美しいです。

今年も畑から続々と顔を出してきます。
どんな土壌となっているのか、今年の土壌状態はどんな雑草が生えるかなどで分かります。

耕さないため、毎年トマトやバジルなど様々なところから生えてきており、今年のベジタブルメンバーがどうなるかはこれからです。

yogalifescience.com

茎の赤色が美しい。

ミントはいつもとても役に立ってくれます。

新緑の色